*

新しいオーラソーマのコース 5月開講

公開日: : 最終更新日:2018/03/28 オーラソーマ, 未分類 ,

2018年、新しく生まれ変わった「オーラソーマ」からのメッセージです。

色を越えて Beyond Colour

オーラソーマは、母なる自然のバイブレーションの力を生かした

幸福感と活力を高める、色、植物、クリスタルのエネルギーのシステムです。

最高品質のオーガニックとバイオダイナミックの成分を使って創りだされる私たちの製品は、あなたのエネルギーシステムに落ち着きとバランス、穏やかさをもたらします。

オーラを元気にして保護しながら、あなたを力づけ、意識を高めます。

昨年11月に東京で開かれた「アップデート」の時に発表された新しいロゴマークです。

背景はコーラル色・・・共同体や共同創造の色です

三位一体(トリニティ)を表す形といい、コーラルの色といい、新しいオーラソーマを表しています。

オーラソーマの教育システムも大きく変わりました。

もはや「教育」という言い方すらあてはまらないかもしれません。

新しいコースは、テキストを一切使いません。

学ぶではなく、色を感じ、味わい、色に浸る。

クライアントが選んだボトルの色に寄り添い、ボトルと一緒に居ること。

これらを練習し体感するのがコースの主な目的になります。

「色を越えて」の言葉にあるように、オーラソーマがもたらしてくれるものは、「色彩」だけではありません。

何を知っているか?何ができるか?ではなく、あなた自身が「どのような存在か?」に意識を向けるようになること・・・Doing から Being への移行。

生まれ変わった新しいオーラソーマのコースを下記の通り開講します。

オーラソーマ レベル1コース(4日間連続)

初めてオーラソーマを学ぶ方の為のコースです。

2018年5月3・4・5・6日(祝・祝・祝・日曜日)

午前10時30分(開場は10時)~午後6時終了予定

受講料金:86400円(税込み)

会場:カラーズガーデン

(栃木県宇都宮市宝木町2丁目1019-2 アーデルガルテン・カモマイル)

ティーチャー:鮎沢玲子

定員:6名

>>コースのお問い合わせ、お申込みはこちらのメールフォームから

カラーズガーデン 教室風景

関連記事

クラニオセイクラルタッチは、何に良いのか?

オーラソーマの製品をふんだんに使って行うトリートメント「クラニオセイクラルタッチ」をカラーズガーデン

記事を読む

オーラソーマ レベル2コースを5月に開講

カラーズガーデンのオーラソーマ ティーチャー 鮎沢玲子です。 久しぶりですが5月にオーラソーマレベ

記事を読む

「生命の樹」で受け取る2017年と発動する2018年

今年も残り少なくなってきましたね。 あなたにとって、今年はどんな1年でしたか? この1年、私が受

記事を読む

クラニオセイクラルタッチを学んでいます

こんにちは。 カラーズガーデンの鮎沢玲子です。 エッセンシャルズ インストラクターコースに続

記事を読む

アクセス®︎ボディファシリテーターになりました

2015年12月  都内で連日授業を受け、無事にアクセスコンシャスネス®︎ボディプロセスの認定ファシ

記事を読む

人生変わってもいいひとだけ~第2弾

こんにちは、カラーズガーデンの鮎沢玲子です。 私はいつも忙しいと思われていますが…実はそうでも

記事を読む

郡山市でアクセスバーズ®開講しました

こんにちは。 カラーズガーデンの鮎沢玲子です。 昨日は郡山市に出張して、アクセスバーズ®の

記事を読む

最近思うこと

最近思うこと こんにちは、カラーズガーデンの鮎沢玲子です。 最近思うこと・・・珍しく自分

記事を読む

人生の大切な時に受けてほしいオーラソーマ

こんな風に書くと、手前味噌的な、自画自賛的なふうに聞こえてしまうかもしれませんが、敢えて書きます。

記事を読む

オーラソーマ®︎のカバラと72天使とは

オーラソーマティーチャーの鮎沢玲子です。 オーラソーマ®︎には「カバラと72天使」のつながりがあり

記事を読む

ラビリンスとは「迷宮」…人生もラビリンス

茨城県古河市にある築130年を超える古民家で「ラビリンス」を体験すると

クラニオセイクラルタッチとエドガー・ケイシー

6月14日 双子座の新月の日は、都内で開かれたオーラソーマ・クラニオセ

クラニオセイクラルタッチは、何に良いのか?

オーラソーマの製品をふんだんに使って行うトリートメント「クラニオセイク

人生の大切な時に受けてほしいオーラソーマ

こんな風に書くと、手前味噌的な、自画自賛的なふうに聞こえてしまうかもし

大谷探訪「弁財天」

大谷寺には観音様やお釈迦様だけでなく、私の大好きな弁財天様もいらっしゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑